坐骨神経痛について

 

坐骨神経痛でこのようなお悩みはありませんか?

  • 長時間同じ姿勢で痛みや痺れが出てくる
  • 整形外科で坐骨神経痛と診断された
  • 歩き続けると足に痺れが出てくる
  • 足からふくらはぎにかけて鈍痛がある
  • 足先に痺れが出ている

 

下半身に症状が出る坐骨神経痛の原因

腰から足の間に掛けて、痛みやしびれが出る坐骨神経痛は、名前のように神経に原因があって症状が発生します。最も多いとされる部位は腰で、いわゆる痛みの症状が最初に感じられるものです。

 

また、お尻や太ももに症状の範囲が及んだり、スネやつま先が痛みしびれることもあります。坐骨神経痛の原因は、若い人の場合だと腰椎椎間板ヘルニアが代表で、逆に高齢者は腰部脊柱管狭窄が引き金となりやすい傾向です。

 

それぞれ発症のメカニズムは異なりますが、背骨の腰辺りを支える腰椎の異常によって神経圧迫が生じるのは共通です。具体的には神経根が圧迫され、この位置より下の下半身に痛み、しびれが起こるというわけです。

 

腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニアは背骨の脊椎にある椎間板の内、髄核と呼ばれる部分が押し出されてしまい、脊柱管を通る神経が圧迫されて坐骨神経痛に至ります。

 

髄核がズレる理由は様々ですが、いずれにしても坐骨神経痛の発症原因になるのは間違いないです。一方の腰部脊柱管狭窄も同様に、脊柱管の神経が圧迫されることが坐骨神経痛の原因です。
腰椎椎間板ヘルニアと違うのは、老化が脊柱管を狭くすることで、結果的に神経根や馬尾の部分が圧迫に至る点です。

 

歩行障害になる可能性も

痛みとしびれに加えて、麻痺する感覚や間欠跛行という歩行障害に至るケースもあります。他にも、お尻の奥を通る坐骨神経が圧迫され痛みを伴う、梨状筋症候群も原因になります。

 

脊椎や脊髄、骨盤内のがんが坐骨神経痛を引き起こすこともありますから、長引く時は油断しないで早めの原因特定が大切です。

 

坐骨神経痛でお悩みなら私たちにお任せください

坐骨神経痛でお悩みなら大阪府池田市にあるあゆむ鍼灸整骨院にお任せください。

 

これまで数多くの施術実績がある経験豊富なスタッフがあなたのお悩みを解消するお手伝いをいたします。私たちと一緒に辛い症状を改善しませんか?

 

まずはお気軽にご相談ください。

各種保険も取り扱ってます!

各種健康保険・交通事故・労災 各種保険が使える症状

 

お問い合わせはこちら

あゆむ鍼灸整骨院へのお問い合わせ

tel:072-752-5757

tel:072-752-5757

お問い合わせ

院名 あゆむ鍼灸整骨院
住所 〒563-0043
大阪府池田市神田1丁目20-11
営業日 月曜日~金曜日
土曜日は午前中のみ
営業時間 午前 8:30〜12:30
午後16:00〜20:00
※土曜日は午前受付のみ。
休診日 土曜日午後、日曜日、祝日

Google Map

googlemap